楽天証券

文字 〔   標準   〕

国内株式市場-クロージングコメントのサンプルです。

【PC版サンプル】

インテル効果に期待/クロージング
[クロージング]
*JST インテル効果に期待
 日経平均は後場一段高。172.65円高の10907.68円(出来高概算32億2000万株)と、
終値ベースでは08年10月3日以来の10900円を回復して取引を終えた。NY市場の強い
動きのほか、円相場も1ドル91円台半ばで落ち着いていたこともあり、昨日利食いに
押されていた景気敏感セクターがリバウンドをみせている。また、メガバンクの強い
動きも安心感につながっている。景気敏感セクターの出直りが目立つなど、海外勢の
資金流入が継続している状況であり、このところ継続している米国年金といった見方
になろう。また、指数インパクトの大きいソフトバンクが久しぶりに動意づいたこと
も先高期待を強めている。米インテルの決算を控えていることもあり、日経平均は
10900円処での高止まりであったが、ポジション調整から利食いの動きが強まること
なく、売り方にとっては厳しい需給環境となっている。
 日経平均はテクニカルでの調整シグナルが出そうで出ない状況が続いている。パラ
ボリックのSAR値は10720円から10757円と調整ポイントは切り上がっているが、イン
テルの決算を受けた動きによって確実に調整への警戒を払拭できるかが注目される。
一方、ボリンジャーバンドのプラス2σは11024円であり、外部環境次第では11000円
乗せで目先的な達成感につながる可能性はある。ただ、海外勢の継続的な買いが続く
など、世界的な相対感からの日本株修正の動きであり、利食いは行っても、ショート
ポジションへの転換は避け、押し目買いスタンスとなろう。リーマン・ショック前の
11500円で、ようやくニュートラル水準に戻ることになる。
《YS》

【株式会社フィスコ】

【携帯版サンプル】

日本株概況&明日の見通し/日本株概況&明日の見通し
[日本株概況&明日の見通し]
*JST 日本株概況&明日の見通し
 14日の日経平均は後場一段高。172.65円高の10907.68円(出来高概算32億2000万株)と、終値ベースでは08年10月3日以来の10900円を回復して取引を終えた。

 NY市場の強い動きのほか、円相場も1ドル91円台半ばで落ち着いていたこともあり、昨日利食いに押されていた景気敏感セクターがリバウンドをみせている。また、メガバンクの強い動きも安心感につながっている。景気敏感セクターの出直りが目立つなど、海外勢の資金流入が継続している状況であり、このところ継続している米国年金といった見方になろう。

 また、指数インパクトの大きいソフトバンク<9984>が久しぶりに動意づいたことも先高期待を強めている。米インテルの決算を控えていることもあり、日経平均は10900円処での高止まりであったが、ポジション調整から利食いの動きが強まることなく、売り方にとっては厳しい需給環境となっている。

 日経平均はテクニカルでの調整シグナルが出そうで出ない状況が続いている。パラボリックのSAR値は10720円から10757円と調整ポイントは切り上がっているが、インテルの決算を受けた動きによって確実に調整への警戒を払拭できるかが注目される。一方、ボリンジャーバンドのプラス2σは11024円であり、外部環境次第では11000円乗せで目先的な達成感につながる可能性はある。

 ただ、海外勢の継続的な買いが続くなど、世界的な相対感からの日本株修正の動きであり、利食いは行っても、ショートポジションへの転換は避け、押し目買いスタンスとなろう。リーマン・ショック前の11500円で、ようやくニュートラル水準に戻ることになる。《TN》

【株式会社フィスコ】

このウィンドウを閉じる

(c) Rakuten Securities, Inc. All Rights Reserved.