楽天証券


文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

買い注文の方法

発注方法:費用等をご確認いただき、ご注文内容欄の購入金額に金額を入力、分配金コース、口座区分、目論見書の確認欄にチェックを入れて「確認」ボタンをおしてください。
発注にあたって、以下の点にご注意ください。

基準価額

直近の基準価額を表示しています。基準価額は、当日の基準価額を速報値として21:30〜24:00に更新し、翌日6:00頃(夜間メンテナンス終了後)に確報値に変更されます。

なお、弊社への配信が行われない場合速報値を表示しない場合がございます。

費用について

手数料(税込) ご購入時の金額から差し引かれる費用(直接的)。
投資額に対して記載されているパーセンテージ(%)を支払います。
ノーロードファンドの場合、費用欄は「なし」と記載され手数料の支払いは発生しません。
ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)
  • ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)は、年率の実質運用管理費用(信託報酬)(税込)を表示しています。
  • ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)は、ファンドの運用や管理にかかる費用で、販売会社、委託会社、受託会社に対し、それぞれの役割や業務への対価として支払われます。信託財産から日々間接的に支払う費用で、別途お支払いいたくものではありません。
  • ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)の内訳は、当該ファンドの運用・管理にかかる運用管理費用(信託報酬)を示す「うち、本ファンド」と当該ファンド以外にかかる投資先(ファンド・オブ・ファンズの組み入れファンド)の運用管理費用(信託報酬)の「うち、上記以外」で表示しています。
  • 「うち、上記以外」は、「ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)」から内訳の「うち、本ファンド」を差し引いた料率を概算表示しています。
  • 実際の投資信託の組入れ状況によって変動する場合があるため、概算値で表示しています。
成功報酬 基準価額が過去最高値を更新すると上回った分に対して記載されているパーセンテージ(%)が信託報酬に上乗せされます(間接的)。
信託財産留保額 解約時に支払う費用(直接的)。投資信託を保有し続ける受益者(保有者)のために信託財産に繰り入れられます。これは中途換金によってファンドに発生する有価証券の売却費用などを、中途解約を行う受益者に負担してもらうためです。ファンドによっては徴収しないものもあります。

【参考】
ファンドアナリストの費用解説

買付手数料
販売手数料は、投資信託を購入する際、販売会社に一度だけ支払う手数料です。投信によっては購入金額に応じて手数料が逓減するほか、販売チャネルによっては同じ投信でも手数料が異なる場合があります。例えば、インターネット専業証券のように有人店舗を持たない販売チャネルは、店舗で直接アドバイスを受けられる対面証券や銀行と比べて手数料が低く設定されています。また、仕組みが単純なインデックス連動型投信や、NISA向けのバランス型投信なども、多くが無手数料(ノーロードとも言います)で展開されています。
ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)
ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)とは、投資信託の運用期間中にかかる費用のことで、全ての投資家に対して一律の料率が適用されます。ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)は投資信託説明書「目論見書」に年率で記載されていますが、実際には日割りされ、基準価額の計算時に費用として投資信託財産から支払われています。前述の買付手数料は全額が販売会社に支払われますが、ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)は、1)販売会社、2)運用会社(委託会社)、3)受託会社の3社に支払われます。投信によって多少の差はありますが、投信の組成・運用を担う運用会社と、投信を販売する販売会社が受け取る割合はそれぞれ全体の約40%から45%です。投資家から預かった資金を実際に保管・管理する受託会社は5%程度を受け取ります。
一括で徴収される買付手数料と異なり、ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)は投信を購入した時から解約するまで投資家が間接的に負担し続けます。このため、「手数料を払っている」という感覚が薄れがちです。似た投資方針を掲げた投信であれば、ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)の低い銘柄を選んだ方が良いでしょう。
信託財産留保額
投資信託は複数の投資家から集めた資金をまとめて運用しています。1億円を投じている投資家も、1万円分だけその投信を購入した投資家も平等に扱われますが、購入と解約のタイミングはそれぞれ異なります。そこで、多額の解約によって運用に支障が生じないよう、換金代金から差し引かれるのが信託財産留保額です。投資家間の公平を期するための資金ですから、信託財産留保額は厳密には「手数料」ではありません。しかし、投信を解約する際に投資家が負担する資金であることに代わりはないため、ここでは買付手数料やファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)と同じように取り上げることにしました。なお、信託財産留保額は全ての投信にかかるわけではありません。

ご注文内容

金額指定ファンドの場合

購入金額 買付可能額の範囲内でご入力ください。
ご入力していただくと、購入金額の内訳が表示されます。
参考:購入手数料:1.08%(税込)のファンドを100万円購入時

概算投資額 989,316円に対して、概算手数料(1.08%) 10,684円となり、合計でご入力いただいた1,000,000円となります。
ポイント利用 【サービス概要】
投資信託の購入(買付)代金の一部、または、すべてにポイントの利用が可能です。
※楽天スーパーポイントを楽天証券ポイントに交換の上、当社が買い取って投資信託の約定代金に充当します。

【対象ポイント】
楽天スーパーポイント
楽天証券ポイント

【ポイント利用可能上限】
<楽天スーパーポイントの利用可能上限>
■ダイヤモンド会員以外のお客様
 通常注文の場合:30,000ポイント/1注文
 積立注文(証券口座引落)の場合:30,000ポイント/1日
 積立注文(楽天カードクレジット決済)の場合:30,000ポイント/1日
 100,000ポイント/1ヶ月

■ダイヤモンド会員のお客様
 通常注文の場合:500,000ポイント/1注文
 積立注文(証券口座引落)の場合:500,000ポイント/1日
 積立注文(楽天カードクレジット決済)の場合:500,000ポイント/1日
 500,000ポイント/1ヶ月

※1ヶ月の利用上限は他の楽天グループでの利用も含めます。
※トップページに表示の買付可能額のうち、投資信託買付利用可能ポイントは、楽天スーパーポイントコースを設定されているお客様の場合、現在保有している楽天スーパーポイント(期間限定、交換済み除く)が表示されます。
※通常注文画面に表示している利用可能ポイントのうち、楽天スーパーポイントは、1回の注文で利用できるポイントを表示しています。ポイント利用可能上限を超える保有ポイントは、利用可能ポイントとして表示されません。
※楽天スーパーポイントを利用した注文後や注文取消後に、楽天にてポイントの更新処理が完了するまでの間、ポイント利用欄に「メンテナンス中」と表示されることがございます。その場合、再度お時間をおいて注文をご入力いただきますようお願いいたします。

<楽天証券ポイントの利用可能上限>
利用可能上限はありません。

【ポイント利用単位】
1ポイント1円から利用可能です。ただし、投資信託の申込単位は各銘柄の最小申込単位に準じます。(100円以上1円単位〜)

【対象サービス】
・投資信託の通常注文(金額指定のみ)、積立注文
※口数指定注文は対象外となります。

【対象口座】
特定口座・一般口座・NISA口座・つみたてNISA口座
※ジュニアNISA口座は対象外となります。

【利用不可のポイント】
〕効期限切れのポイント※1
期間限定ポイント(SPUで獲得した楽天スーパーポイント含む)
B哨櫂ぅ鵐箸ら交換した楽天スーパーポイント(楽天証券ポイントコースのポイントを手動で交換された分を含む※2)
2017年9月22日以前に楽天スーパーポイントコースにて交換した楽天スーパーポイント(資産形成ポイント、楽天証券の各種キャンペーンのポイント含む)

※1 ポイント投資では、投資信託の申込日が有効期限内のポイントのみ、利用することができます。
※2 手動で交換された分とは、楽天証券WEBログイン後[設定・変更(画面右上)]→[ポイント]ポイント交換よりお客様ご自身の操作で行ったポイント交換のことを指します。
楽天証券ポイントコースから楽天スーパーポイントコースにコース変更した際、その時点で楽天証券ポイントを保有していた場合、自動的に楽天証券ポイントから楽天スーパーポイントポイントに交換が行われますが、こちらのポイントはポイント投資にご利用可能です。

【注意事項】
ポイント利用時には必ずポイント利用規約に同意の上ご利用ください。
楽天スーパーポイントを使った投資信託の注文後、注文が約定する前に他のサービスで楽天スーパーポイントをご利用されますと、注文が取消になる可能性がございますのでご注意ください。
また注文が約定後に取消となった場合、約定金額のうちポイント利用分の返還は楽天証券ポイントで行います。

【楽天ID連携(ポイント連携)の注意点】
楽天証券会員と楽天会員の連携には、下記3項目の全ての一致が必要です。

お名前(カナ)
同字の小文字は大文字に自動変換され同一とします。(例:ァ→ア、ョ→ヨヲ→オ)濁音、半濁音の相違の場合はエラーになるためご注意ください。(例:×カワダ・カワタ)余白スペースは全半角に関わらず削除します。

生年月日
YYYYMMDD の8桁

メールアドレス
楽天証券で登録しているメールアドレス(メインメール、約定通知受信用、 マーケットアロー受信用)のどれかひとつと、楽天ID(ユーザーID)メールアドレスの一致が必要です。
※確認方法:ログイン→目的から探す「お客様情報の設定・変更」→メールサービス設定→メールサービス
分配金コース 選択可能な分配金のコースを表示しています。分配金は、税引き後、受取型であれば、証券口座の「預り金」へ入金され、再投資型であれば、自動的に再投資されます。(※NISA口座で保有の場合、税金は差し引かれません)
口座区分 該当銘柄の保有をご希望なさる口座区分をご選択ください。
特定口座を開設されている場合、「特定」が初期設定で選択されます。
一般口座で保管 したい場合は「一般」を、NISA口座で保管したい場合は「NISA」を選択してください。
特定口座を開設されていない場合、 「一般」がで表示されます。
約定後の口座区分の変更は承ることができません。
※NISA買付可能額が0円の場合は、口座区分の「NISA」はご選択いただけません。
目論見書 注文にあたっては、目論見書および目論見書の補完説明書の記載内容を確認してください。確認した場合は、□をチェックしてください。

口数指定ファンドの場合

分配金コース、口座区分、目論見書に関しては金額指定ファンドと同様です。

最大購入口数 買付可能額から計算した購入が可能な口数の最大値です。
※前営業日の基準価額を元に掛目(原則10%)を設けて計算しています。

基準価額が10,000円であれば、10%を乗じて11,000円として最大購入口数を計算しています。
購入口数 申込単位の整数倍の数字を入力してください。
上限は最大購入口数の範囲内です。

参考:購入手数料なし、前営業日基準価額 24,090円のファンドを100口購入

概算投資額は24,090円×10%×100口=2,649,900円となります。