現在地
ホーム > 国内株式 > 信用取引

信用取引

現金や株式を担保(委託保証金)にして、手元資金以上に売買することができる取引です。
「売り」からのお取引もできるため、相場の下落局面で利益をあげることも魅力の1つです。

「信用取引」と「現物取引」の違いとは?

同じ銘柄を同じ資金で1日に何度でも売買できます!

現物取引は差金決済のルール上、同一資金で同じ銘柄を1日のうちに「売り⇒買い(買い⇒売り)」してしまうと、その銘柄はその日1日取引ができません。

しかし、信用取引で取引をすると同じ資金を使って1日に何度でも同じ銘柄を売買できるようになります!
同じ銘柄を1日のうちに何度も売買したいデイトレーダーにはおすすめです。

保証金(担保)の約3倍のお取引が可能!

例えば、30万円分の担保があると信用取引では100万円までお取引が可能になります。少ない資金でより大きな利益が得られる可能性があるということです(その分、現物取引よりもリスクは大きくなりますので注意は必要です)。

さらに担保は現金以外にもお客様が保有されている国内株式を利用することができるので、資金効率が現物取引よりも格段にUPします。

「売り」から始められるので株価下落時にも収益が狙える!

現物取引の場合、売買で利益の得るには安い時に買って、高値で売るしかありません。そのため、相場が下落基調にある時に利益を狙うのは難しくなります。

しかし、信用取引を使うと証券会社から株を借りて「売り」から取引を始めることができます。

つまり、株価が高いときに借りた株を売り、安くなったときに買い戻せばその差額が利益となります。

信用取引を始めるには

信用取引の魅力を学ぼう

信用取引の仕組みから、実際のお取引まで、信用取引の魅力を基礎から学べる入門講座。それぞれの項目をクリックすると解説をみることができます。

入門編

基本編

実践編

楽天証券の信用取引

格安取引手数料

あの超割コースにダイヤモンドランクが新登場!

超割コースをご利用いただくと、達成条件に応じて手数料が最大30%オフ!

優遇金利で信用金利がお得に!

大口取引かかる買方金利は優遇金利でご提供しております!

条件を達成していただくと、翌月の信用取引の買方金利が引き下げられるサービスです。

最先端のトレーディングツール

マーケットスピードが無料でご利用いただけます。

信用取引口座の開設完了後から、利用料が無料になります。さらに、信用建玉残高200万円以上で、フル板も無料になります。

投資あんしんサービス

もしもの時にあると安心!
信用維持率リカバリーサービス

金額を計算し、楽天銀行から証券口座に自動振替!急激な相場の変化に備えたリスク管理に最適!

信用取引に関するお知らせ

お取引 社内信用取引規制銘柄追加のお知らせ NEW
お取引 社内信用取引規制銘柄解除のお知らせ
サービス 信用取引のサービス改善について
サービス 呼値の単位縮小に最適!エクスプレス注文を活用!!
サービス 信用取引での追証、不足金確認方法のご案内

疑問解決!そこが知りたいETF活用ガイド 東証ETF活用プロジェクト

信用取引金利を大幅引下げ