現在地
ホーム > 楽天 FX > 楽天 FXビギナーズガイド > DMI

楽天 FXビギナーズガイド(チャート活用編):DMI (Directional Movement Index)

  • FX

中間系おすすめチャート DMI (Directional Movement Index)方向性指数

トレンド相場の時に役立つチャート

DMIは、一般的にオシレータ系チャートに分類されますが、相場のトレンドをつかむ際にも使われるので、トレンド系のチャートとして使うこともできます。

RSIなど逆張り系の指標が一方向に断続的に上昇・下降する<トレンド相場<の際に活用が難しいことから、その点を補うべく開発された指標です。

DMIとは

DMIとは方向と強さを組み合わせて分析

DMIとは、「上昇の指数・下降の指数」と「相場の強弱の指数」を組み合わせて分析する指標です。

「上昇方向の指数(+DI)」と「下降方向の指数(-DI)」を比較していずれかの方向なのかを判断し、それに「相場の強さの指数(ADX)」を組み合わせることで、トレンドの有無と勢いを測ることができます。

DMIの基本

DMIでは、+DI、-DI及びADXの3つの指標線を使用します。それぞれ下記の指標値となります。

プライスの上昇(プラス方向)の大きさを示す指標 プライスの下降(マイナス方向)の大きさを示す指標 相場の強弱を表す指標
+DI
(プラス Directional Indicater)
-DI
(マイナス Directional Indicater)
ADX
(アベレージDirectional Movement Index)
DIとは

+DIと-DIはそれぞれ上昇の可能性と下降の可能性を示すものです。

+DI
+DIは、前日と比較して当日上がった場合の上値の上昇分を、当日の変動幅に対する割合(%)で算出したものです。
-DI
-DIは、前日と比較して当日下がった場合の下値の下降分を、当日の変動幅に対する割合(%)で算出したものです。当日の下値が前日に比べ低ければ-DIが大きな値を示します。

+DIが-DIより上方にある時
プライスは上昇トレンド、或いは上昇基調にあると考えます。+DIと-DIの差が大きいほど相場の勢いは強いと解釈されます。
-DIが+DIより上方にある時
プライスは下降トレンド、或いは下落基調にあると考えます。+DIと-DIの差が大きいほど相場の勢いは強いと解釈されます。
ADXとは

ADXは、一定期間の+DI値と-DI値の変動状況を算出して、トレンドの強弱を測るものです。 変動状況の算出の仕方は、上昇の割合分と下降の割合分の合計に対して、それらの差はどの程度であったかを出します。

ADX=+DI(%) - -DI(%) / +DI(%) + -DI(%)のN日間の平均

これより、ADXの水準が上昇していく場面は、トレンドが勢いを増していく様子を表します。

ADXとDIを組み合わせて

ADXは上昇・下降トレンドの強さ(相場の勢い)を表し、DIと組み合わせて下記のように判断されます。

+DIとADXがともに上昇している時 上昇トレンドの勢いが強い

-DIとADXがともに上昇している時 下降トレンドの勢いが強い

DMIで分析

DMIの売買シグナルは、トレンドの方向の指数DIと相場の強さの指数ADXの動きを組み合わせて以下のポイントに注目します。

ポイント DMIで売買シグナルをつかもう

DMIの売買シグナルは、3つの指標「+DI、-DI、ADX」の線が互いに密集している状態から始まります。密集した後に次の動きになった場合に売買のシグナルかどうか判断します。

  • ADXが上向きになって+DIが上向き、-DIが下向きに動き始めた 買いのシグナル
  • ADXが上向きになって+DIが下向き、-DIが上向きに動き始めた 売りのシグナル
  • ADXが下向きになって+DI、-DI、ADXの3つの線が再び密集した 反対売買のシグナル

楽天 FX チャート画面 DMI

このようにDMIは、売買と反対売買の一連のシグナルを注視することで取引に役立てることができるといえるでしょう。

DMIを設定

楽天 FXのチャートでは、ご自身の投資期間に合わせて「期間」を自由に決めて各インジケーターを描画することが可能です。設定方法が下記のとおりです。

1.設定画面の表示
メニューバー上のボタン「設定(テクニカル)」をクリックすると、「カスタマイズ設定」画面が表示されます。 タブ「インジケーター2」をクリックしてDMIの設定画面を開きます。
2.DMIの表示選択
画面内中段に「DMI」の欄が表示されますので、左横の「チェックボックス」にチェックを入れて表示の選択をします。 日付の設定を行い「反映」ボタンを押すことでDMIがチャートの下部に描画されます。
3.DMIの設定
DMIには数値設定欄が2箇所あります。上部に「DI」の期間、下部に「ADX」の期間数を入力します。
  • 楽天 FXチャート、DMIの初期値は「14」、「9」の設定となっております。

一般的には日足であれば、短期の9日、中期の14日などを用いるケースが比較的多いようです。 初期に設定されている期間を変化させるなどして、ご自身のトレーディングにあった感度を見つけてください。

楽天 FX チャート画面 DMI
楽天 FX チャート画面 RSI

楽天 FXの操作はこちら