現在地
ホーム > 楽天 FX > 楽天 FXビギナーズガイド > 移動平均線

楽天 FXビギナーズガイド(チャート活用編):移動平均線

  • FX

移動平均線

テクニカル分析とはチャートから相場の流れや投資家の心理を読み取り、将来の展開を予測する方法です。

過去の値動きのパターンと現在の値動きのパターンを比較し、パターンが似たような動きになった場合、過去のパターンと同じ値動きをすると予想するなど、今後の値動きの動向を分析するものです。

テクニカル分析は主に2種類に分けられます。

テクニカル分析に用いるテクニカル指標は主に、為替レートの方向性を示す「トレンド系」と、買われすぎや売られすぎを示す「オシレーター系」の2つに分けられます。

  • 1 価格の方向性を示す指標 トレンド系分析方法
  • 2 買われ過ぎ売らせ過ぎを示す指標 オシレーター系分析方法

テクニカル分析に用いるテクニカル指標の中でも、上昇(下降)トレンド時に有効な指標、横ばい(持合い)時に有効な指標、転換の時に有効な指標など様々なものがあり、それぞれ特徴があります。

テクニカル分析を始めるにあたって、まずはオーソドックスな指標の見方からスタートしてみましょう。

トレンド系基本チャート 移動平均線

移動平均線

トレンド系チャートの代表格

移動平均線はトレンド分析をするテクニカル指標のみならず、チャート全体のなかでも最もポピュラーなものですので、はじめての方はまず最初に理解しておきましょう。

移動平均線とは

移動平均線とは、為替レートの過去の一定期間の終値の「平均値」を計算し、その値をつないだライン(線)のことです。

そして、移動平均線の傾きが上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。

移動平均線の基本

移動平均線は、平均する日数に応じて短期線、中期線、長期線に分類して使います。

移動平均線は、設定期間が短いほど直近の為替レートにより近くなり、逆に、期間が長いほど長期的な流れを示すという性質があります。 この性質を利用し、大きく3つの線「短期線」「中期線」「長期線」に分けてそれぞれを組み合わることでトレンドをつかむ方法です。

平均レート数

楽天 FX チャート画面 移動平均線 楽天 FX チャート画面 移動平均線

平均する為替レートの数は、確認したいトレンドの期間をもとに営業日ベースで求めます。 例えば、中期的な視野で取引する場合は日数単位で為替レートを計る「日足」を使い、短期を約3週間分の「15日」、中期を約5週間分の「25日」、長期を約15週間分の「75日」などに設定します。

また、長期的な視野で取引する場合は週単位で為替レートを計る「週足」を使い、短期を「13週(約3ヵ月)」、中期で「26週(約半年)」、長期で約1年にあたる「52週」などといった設定を行います。 このように、それぞれのトレードに合わせて移動平均線の設定を変えて使います。

移動平均線で分析

為替レートと移動平均線を組み合わせることにより、売りシグナルと買いシグナルを判断する方法などいくつかありますが、移動平均線でメジャーな分析方法をご紹介します。

買いの「ゴールデンクロス」、売りの「デッドクロス」

短期の移動平均線が上昇トレンドで、中・長期の移動平均線を下から上に抜けたときがゴールデンクロス。 逆に短期の移動平均線が下降トレンドで、中長期の移動平均線を上から下に抜けたときがデットクロスとなります。 ゴールデンクロスが現れると通常相場が「強気」であることをあらわし、一方デッドクロスが現れると通常相場が「弱気」であると判断できます。

下のチャートの灰色の線は75日移動平均線、緑の線は25日、ピンクの線は15日移動平均線です。 参照期間の短い15日移動平均線が、参照期間の長い25日・75日移動平均線を下から上に突き抜けるように交差し、上昇しています。黄色い地点です。これをゴールデンクロスといい、「買いサイン」と読み取ります。 その逆が水色で、デッドクロスといい「売りサイン」と捉えます。

楽天 FX チャート画面 移動平均線
楽天 FX チャート画面 移動平均線

ポイント もみ合い相場では「ダマシ」に注意!

移動平均線は大きなトレンドが出る、いわゆる「大相場に強い」といわれていますが、その一方、特にゴールデンクロスやデッドクロスによる分析の弱点として有名なものに、「もみ合い相場に弱い」とうことが挙げられます。

「もみ合い相場」に上昇もしくは下落の大きな流れが存在していませんので、レートが平均値の近くをウロウロと漂いつづけます。移動平均線は過去の平均を計算して算出することから、買いや売りのサインは少し遅れて出てきます。もみあい相場の中では、そのタイムラグによって売りどきなのに「買いサイン」が、買いどきなのに「売りサイン」が出るなどして、反応にズレが生じやすくなります。
こうしたシグナルのズレを「ダマシ」と言います。相場の方向性を見誤るものとして、注意が必要です。

楽天 FX チャート画面 移動平均線
楽天 FX チャート画面 移動平均線

移動平均線を設定

楽天 FXのチャートでは、ご自身の投資期間に合わせて「期間」を自由に決めて各インジケーターを描画することが可能です。

1.設定画面の表示
メニューバー上のボタン「設定(テクニカル)」をクリックすると、「カスタマイズ設定」画面が表示されます。
2.移動平均線の表示選択
  • 画面内上位に「移動平均線」の欄が表示されますので、左横の「チェックボックス」にチェックを入れて表示の選択をします。
  • 日付の設定を行い「反映」ボタンを押すことで移動平均線がチャート上に描画されます。
3.移動平均線の設定
移動平均1に短期線の平均数、移動平均2には中期線の平均数、移動平均3には長期線の平均数をそれぞれ入力します。
  • 楽天 FXチャート、移動平均線の初期値は「15」、「45」、「75」の設定となっております。

一般的には日足であれば、短期で15日、中期で25日、長期で75日を用いるケースが比較的多いようです。 初期に設定されている期間を変化させるなどして、ご自身のトレーディングにあった感度を見つけてください。

楽天 FXの操作はこちら