現在地
ホーム > 楽天 FX > スプレッドとスワップポイント

スプレッドとスワップポイント

  • FX

スプレッド (2012年6月22日現在) / スワップポイント (2013年2月11日現在)

通貨ペア スプレッド スワップポイント
売り 買い 付与
 米ドル/円 1.0銭 -10 0 1日
 ユーロ/円 4.0銭 -13 3 1日
 ポンド/円 6.5銭 -27 17 1日
 豪ドル/円 3.9銭 -90 80 1日
 ニュージーランドドル/円 5.0銭 -69 59 1日
 南アフリカランド/円 4.8銭 -18 12 1日
 カナダドル/円 5.0銭 -27 17 1日
 スイスフラン/円 7.0銭 0 -10 1日
 香港ドル/円 3.0銭 0 0 0日
 シンガポールドル/円 5.0銭 0 0 0日
 ユーロ/米ドル 2.0pips 0 -0.1 1日
 ポンド/米ドル 5.0pips -0.15 0.05 1日
 豪ドル/米ドル 4.5pips -0.95 0.85 1日
【スプレッドについて】
  • 通常時は上記スプレッドでお取引いただいておりますが、早朝時の流動性が低い時、経済指標発表時等におきましては、スプレッドが広がる場合があります。
  • 2ウェイプライスを利用する注文(ストリーミング・ASストリーミング)については、スリッページ、約定拒否は行っておりません。
【スワップポイントについて】
スワップポイントは、インターバンク内の取引にかかる受渡日が考慮されて付与する日数分が決定します。お客様が実際にポジションをお持ちの日数とは異なります。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、通貨間の金利差調整分のことです。一般的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差からその差額を受け取ることができます。

ただし、2通貨間の金利差が縮小するとスワップポイントの額は少なくなり、また、金利差が逆転するとスワップポイントの受取りと支払いの関係が逆転します。
また、稀に一方の通貨において、価格が不安定な状況となった場合に、金利差を反映しない場合がありますので、ご注意ください。

スワップポイントの付与タイミングについて

スワップポイントの付与タイミングについては、各営業日の終了時(メンテナンスに入る時間)となります。メンテナンス時間に入った時点でポジションを保有していた場合、メンテナンス時間終了後、保有ポジションにスワップポイントが付与されます。なお当社のシステムにおいては、スワップポイントは純資産には毎営業日反映されますが、お客様のお預かり口座で実際に受渡されるのは決済をした時点となっております。

  • 当社が当ホームページ上に掲載する情報については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、これらの内容に基づいて被った損害についても、当社及び情報提供元はこれに係わる一切の責任を負いかねますのでご了承ください。なお、当ホームページは予告なしに内容が変更又は廃止・削除される場合がありますので、予めご了承ください。

楽天 FXのご利用をご希望なさっている方

楽天 FXをはじめるには、画面上にてお申込み手続きが必要です。

楽天 FX口座の開設方法

下記ログインボタンより楽天証券ホームページへログインをしていただき、「口座情報」→ 「各種口座」より「楽天 FX」の申込リンクをクリックしてください。登録情報をご確認いただき、外国為替証拠金取引について質問にお答えいただきますと「楽天 FX」口座開設の手続きが完了します。

「楽天 FX」開始後に弊社ホームページからログインしていただき、「資産状況」→「楽天 FX証拠金振替」画面でご資金を「預り金」から「証拠金」に振替後にお取引が可能になります。

証拠金振替方法デモ画面

カスタマーサービスセンター「外国為替証拠金取引」お問い合わせダイヤル 0120-41-1004