現在地
ホーム > 楽天 FX > 取引ガイド > ロスカットルール

FXのロスカットルール

  • FX

ロスカットルールについて

FXの特徴であるレバレッジをかけた取引では、急激に相場が変動した場合、大きな損失を被ることがあります。その損失を一定水準で抑えるために、ロスカットという制度があります。

楽天 FXのロスカットルール

楽天 FXでは、一定間隔で、お客様の純資産評価を監視しております。純資産額が建玉必要証拠金の50%(ロスカットライン)以下となった際に、全ての未決済建玉が自動的に決済される制度を採用しております。

※ロスカットルールの注意事項
ロスカットは建玉証拠金の50%を保証するものではございません。値動きが激しい場合や、また週が変わるときなどに、当初予定していたロスカットの基準よりも大きな損失が発生する場合がございますので、ご注意ください。

ロスカットの判定について

ロスカットライン抵触 ⇒ 純資産評価額 ÷ 建玉必要証拠金 ≦ 50%

例:楽天 FX取引画面で確認

楽天 FXログイン後 ⇒ 『口座管理』 ⇒ 『口座情報照会』


参考便利なリスク管理サービス機能

【プレアラーム・アラーム通知】ロスカット前のアラート通知機能
楽天 FXでは、証拠金維持率が120%、100%以下となると、それぞれプレアラーム、アラーム通知と称し、ご登録のメールアドレスに通知メールを送信しています。通知メールはそれぞれ1日1回のみとなり、通知メールが送られてきた場合には口座状況にご注意ください。

※本機能は、お客様の通信環境等によりメールの受信にお時間がかかる場合や、激しい相場急変時においてはアラーム通知の前にロスカットになる場合もあり、完全作動を保証するものではございませんので、予めご注意ください。

【アセットコントロール】ご自身でロスカットラインを設定できる機能
アセットコントロール機能とは、お客様の任意の設定において、一括返済の基準を設けることができる機能です。 本機能は、一定間隔で行われる純資産評価が、お客様ご自身で設定した基準に抵触した場合に、未決済建玉すべてを自動的に成行注文で返済します。

不足金が発生した場合

激しい相場の急変時においては、ポジションの決済損が差し入れている受入証拠金を上回り、不足金が発生する場合があります。不足金が発生した場合には、受渡日(翌々営業日)の15:00までに楽天 FX口座に当該不足金を振替ください。

例: 楽天 FX取引画面で確認

楽天 FXログイン後 ⇒ 『口座管理』 ⇒ 『口座情報照会』

なお、当社はニューヨーククローズ時点において、不足金の判定を行っております。ニューヨーククローズ時点で不足金が発生している場合においては、必ず翌々営業日の15時までにご入金ください。入金が確認できない場合は、お客様に通知することなく、当社の任意でお客様の計算により、他の資産を処分して充当する場合がありますので、十分ご注意ください。

※ニューヨーククローズ時間
日本時間で午前6時(夏時間)・午前7時(冬時間)
(上記時間より5分前から約15分間は当社メンテナンスにてご利用頂けませんので予めご了承ください)

円および米ドルのマイナス残高にご注意 ~コンバージョン(両替)~

注意

楽天 FXでは、円残高の他に、米ドル決済銘柄(例 EUR/USD GBP/USD)の取引で発生する米ドルの残高があります。たとえ、純資産がプラスでも米ドル、円いずれかの残高でマイナスが発生する場合がありますので、ご注意ください。

当社では、毎週第1営業日のニューヨーククローズ時点の純資産評価において、マイナス残高(米ドルがマイナスの場合は、円換算した額)をプラスの値として計算した額に対する純資産額の割合が50%以下となる場合、翌営業日以降の任意の時点で、その時点のコンバージョンレートにてマイナス残高を解消するに足りる額の為替証拠金を両替し、当該マイナス残高を解消する場合があります。当該割合以下となる前に、お客様ご自身で、コンバージョン作業を行ってください。
また、米ドルのマイナス残高については、先のニューヨーククローズ時点から変動した場合は、変動したマイナス残高を最大値として、日本円への両替を行いますのでご注意ください。

円のマイナス残高の判定について

【円のマイナス残高の判定】 ⇒
純資産 ÷ 円マイナス残高の額(プラス値) ≦ 50%

例: 楽天 FX取引画面で確認

楽天 FXログイン後 ⇒ 『口座管理』 ⇒ 『口座情報照会』

米ドルのマイナス残高の判定について

米ドルマイナス残高の判定 ⇒
純資産 ÷ 米ドルマイナス残高を評価した額(プラス値) ≦ 50%

例: 楽天 FX取引画面で確認

楽天 FXログイン後 ⇒ 『口座管理』 ⇒ 『口座情報照会』

※その他注意事項

  • 米ドルのマイナス残高があると、総合証券取引口座への振替を承ることができません。その場合は、コンバージョンにて、米ドルマイナス残高を解消してから、再度振替手続きを行ってください。なお、出金は、総合証券取引口座に振替えた後、総合証券取引口座にお手続きください。
  • 米ドルの残高をコンバージョンする前に、取引余力分のすべての資金を振替なさいますと、ドル円の評価レートの変動により、米ドル残高にかかる円評価額でマイナスが発生し、口座に不足金が発生する可能性がありますので注意ください。

参考コンバージョンについて

コンバージョンとは、スポットのリアルタイムレートから±20pipsされたコンバージョン独自のレート(「コンバージョンレート」といいます。)にて、米ドルを日本円に、日本円を米ドルに両替する取引です。楽天 FXでは、ストレート通貨ペア(例 EUR/USD GBP/USD)の取引は、米ドル決済となっているため、コンバージョンにより、取引で発生した米ドルについては、円へ両替いただけます。(米ドルにマイナスの残高が発生した場合は、日本円から米ドルへ両替ください。)

※コンバージョンの取引時間は受付時間は取引日午前8:00~翌午前3:00となっております。