現在地
ホーム > 楽天 FX > 取引ルール

楽天 FXの取引ルール

  • FX

1.楽天FXサービス概要

項目 内容 詳細
手数料 楽天FX内における新規注文、決済注文無料 詳細
取扱通貨ペア 【13通貨ペアに対応】
 <クロス円通貨ペア>
 米ドル/円、ユ-ロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円
 ニュージーランドドル/円、南アフリカランド/円、カナダドル/円
 スイスフラン/円、香港ドル/円、シンガポールドル/円
 
 <ストレート通貨ペア>
 ユ-ロ/米ドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル
詳細
取引単位 1万通貨単位 詳細
取引数量上限
  • 1回の注文数量 : 300万通貨単位まで
  • 最大ポジション合計金額 : 30億円相当額
    ( リアルタイムで円換算された金額 )
詳細
スプレッド リアルタイム 2ウェイプライス
2ウェイプライスを利用する注文(ストリーミング・ASストリーミング)については、スリッページ、約定拒否は行っておりません。
詳細
注文種類
  • ASストリーミング注文(2ウェイプライス)
  • ストリーミング注文(2ウェイプライス)
  • 成行注文(モバイルのみ)
  • AS成行注文(モバイルのみ)
  • 指値、逆指値注文(シングルリーブオーダー注文)
  • IF-DONE注文
  • OCO注文
  • IF-OCO注文
  • 全決済注文
詳細
注文期日 DAY(当日中)、WEEK(週末)、GTC(無期限) 詳細
取引時間 【原則24時間対応】
月曜日午前7:00~土曜日午前6:50
  • 米国夏時間のときの終了時刻は午前5:50
  • 一部システムメンテナンス時間は除きます。
詳細
建玉必要証拠金 日々、為替水準をもとに、通貨ペア毎にレバレッジが25倍を超えない水準(法人のお客様は100倍を超えない水準)で設定しています。 詳細
追加証拠金
(追証)
取引日終了時点の為替レートをもとに評価を実施します。
純資産額が必要維持証拠金額を下回った場合に、追加証拠金(追証)となります。
原則 翌取引日の午後6:00までに、その下回った額以上の証拠金を入金するか、あるいは建玉の全部又は一部を決済し、追加証拠金(追証)を解消する必要があります。
なお、所定の期限までに追加証拠金(追証)が解消されない場合は、全建玉が強制的に決済されます。
(法人のお客様では、追加証拠金制度は適用されません)
詳細
ロスカット 証拠金維持率(純資産評価額÷建玉必要証拠金)の50%を下回った場合(法人のお客様は証拠金維持率が80%を下回った場合。)、強制決済されます。 詳細
取引チャネル
  • 楽天FX専用ウェブ
  • マーケットスピード
  • 携帯電話(iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ、Willcomに対応)
  • 楽天FXの口座を開設いただくと、マーケットスピードが無料でご利用になれます。
詳細

2.楽天FX口座開設

楽天FXを行うお客様は総合証券取引口座とは別に、楽天FX口座を開設していただく必要があります。楽天FXの口座開設は、当社ウェブ画面から、お申込みいただき、ウェブ画面上で完結いたします。
なお、システムメンテナンス中は口座開設の受付ができない場合がありますのでご注意ください。

楽天FX口座開設の流れ

STEP1 楽天証券口座開設

当社にあらかじめ又は同時に、総合証券取引口座を開設していただきます。

STEP2 楽天FX口座開設手続き

既に総合証券取引口座を開設済みのお客様は、ログイン後「口座情報」→「各種口座」画面からお申込みいただきます。お申込画面では「楽天FX(外国為替証拠金取引)取引規定」・「本説明書」等の内容を確認していただき、申込みボタンを押下後、質問事項へご回答いただきます。なお、総合証券取引口座の開設がまだお済でないお客様は、総合証券取引口座の開設申込時に、楽天FX口座のお申込をあわせて行っていただきます。総合証券取引口座の開設申込時に、画面の案内に従ってお申し込みください。

STEP3 楽天FX専用ID/PW確認

楽天FX口座専用のログインID、パスワードを発行いたします。申込を行った後、「口座情報」→「楽天FX口座」画面でご確認ください。

3.楽天FX ID・PW

楽天FXでは、各取引チャネル(楽天FX専用ウェブ、携帯、マーケットスピード)毎に、ログインの際に利用するID・PWが異なります。

  ID・PW
楽天FX専用ウェブ 楽天FXウェブ専用ID・PW
(証券口座ログイン後画面でご確認ください)
マーケットスピード 証券総合口座ID・PW
携帯 楽天FXモバイル専用ID・PW
(証券口座ログイン後画面でご確認ください)
  • ID・PWをお忘れの方は、カスタマーサービスセンターにご連絡ください。

4.取引時間/取引日等

楽天FXは、原則24時間でお取引いただけます。

取引時間

  取引時間 取引停止時間(日々メンテナンス)
通常時間 月曜日午前7時~土曜日午前6時50分 午前6時55分~午前7時10分
米国サマータイム 月曜日午前7時~土曜日午前5時50分 午前5時55分~午前6時10分
  • 年末年始クリスマスの時期には取引時間を変更することがあります。その場合は、事前にホームページ等で通知します。
  • 土曜日午前7時5分から、月曜日の注文を承ります。但し、土曜日午前8時から日曜日の午前8時、月曜日午前2時から午前2時半の間は、週末メンテナンスのため、注文を受付けることができません。

取引可能日

原則として取引時間内で当社のカバー取引が可能な状態であれば、年始(1月1日午前7時から1月2日午前6時50分)を除き、当社の休業日(日本の金融商品取引所休業日)であっても取引できます。

当社では取引日等を以下のように定義いたします。

取引日等 内容
営業日 営業日とは、日本国内金融商品取引所の休業日以外の日をいいます。
取引日 取引日とは、楽天FX取引が行える日をいいます。
午前7時10分(月曜日のみ午前7時)から翌日の午前6時55分(土曜日のみ午前6時50分)までを取引日の1日とします。
米国サマータイム期間は、午前6時10分(月曜日のみ午前7時)から翌日の午前5時55分(土曜日のみ午前5時50分)までを取引日の1日とします。
約定日 約定日とは、お客様の売買注文が約定した日をいいます。
受渡日 受渡日とは、精算を行う日のことで、反対売買にかかる約定日(決済日)の翌々営業日となります。

5.取扱通貨等(単位・ティック)

楽天FXでは、13通貨ペアをお取引いただけます。

通貨ペア 取引単位 ティック(呼値の単位)
 米ドル/円 1万通貨単位 0.1銭
 ユーロ/円 1万通貨単位 0.1銭
 ポンド/円 1万通貨単位 0.1銭
 豪ドル/円 1万通貨単位 0.1銭
 ニュージーランドドル/円 1万通貨単位 0.1銭
 南アフリカランド/円 1万通貨単位 0.1銭
 カナダドル/円 1万通貨単位 0.1銭
 スイスフラン/円 1万通貨単位 0.1銭
 香港ドル/円 1万通貨単位 0.1銭
 シンガポールドル/円 1万通貨単位 0.1銭
 ユーロ/米ドル 1万通貨単位 0.00001米ドル
 ポンド/米ドル 1万通貨単位 0.00001米ドル
 豪ドル/米ドル 1万通貨単位 0.00001米ドル

6.手数料

楽天FXでは、手数料は発生しません。

7.スプレッド

スプレッドは通貨ペア毎に設定されています。

  • 当社は2ウェイプライスを利用して行う注文(ストリーミング、ASストリーミング注文)では、スリッページ制度(約定拒否を含む)を採用しておりません。 表示されたレートで約定いたします。
  • 各通貨ペアのスプレッドは、通常時は一定しておりますが、早朝時の流動性が低い時、経済指標発表時など、相場環境等により広がる場合があります。

8.スワップポイント

スワップポイントは日々通貨ペア毎に設定されます。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、通貨間の金利差調整分のことです。一般的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差からその差額を受け取ることができます。

ただし、2通貨間の金利差が縮小するとスワップポイントの額は少なくなり、また、金利差が逆転するとスワップポイントの受取りと支払いの関係が逆転します。
また、稀に一方の通貨において、価格が不安定な状況となった場合に、金利差を反映しない場合がありますので、ご注意ください。

スワップポイントの付与タイミングについて

スワップポイントの付与タイミングについては、各営業日の終了時(メンテナンスに入る時間)となります。
メンテナンス時間に入った時点でポジションを保有していた場合、メンテナンス時間終了後、保有ポジションにスワップポイントが付与されます。
なお当社のシステムにおいては、スワップポイントは純資産には毎営業日反映されますが、お客様のお預かり口座で実際の受渡されるのは決済をした時点となっております。

9.必要証拠金

楽天FXでの建玉必要証拠金は、通貨ペア毎にあらかじめ設定される定額制を採用しています。
各通貨ペア1万通貨(1取引単位)あたりの建玉必要証拠金は、日々のニューヨーククローズ(NYC)時点の為替水準(取引日終了時点の為替レート)によって、25倍を超えない水準(法人のお客様は100倍を超えない水準)で設定されます。
なお、ストレート通貨ペア(ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル)は、対象通貨の建玉必要証拠金(ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円)をそれぞれ参照します。

楽天FXでは、下記のように5円刻みのレンジで、証拠金を設定いたします。

NYC時点
価格水準
(以上)~(未満)
1万通貨(1取引単位)
あたりの建玉必要証拠金
レバレッジ(倍)
195~200 80,000 24.4~25
190~195 78,000 24.4~25
185~190 76,000 24.3~25
180~185 74,000 24.3~25
175~180 72,000 24.3~25
170~175 70,000 24.3~25
165~170 68,000 24.3~25
160~165 66,000 24.2~25
155~160 64,000 24.2~25
150~155 62,000 24.2~25
145~150 60,000 24.2~25
140~145 58,000 24.1~25
135~140 56,000 24.1~25
130~135 54,000 24.1~25
125~130 52000 24~25
120~125 50,000 24~25
115~120 48,000 24~25
110~115 46,000 23.9~25
105~110 44,000 23.9~25
100~105 42,000 23.8~25
95~100 40,000 23.8~25
90~95 38,000 23.7~25
85~90 36,000 23.6~25
80~85 34,000 23.5~25
75~80 32,000 23.4~25
70~75 30,000 23.3~25
65~70 28,000 23.2~25
60~65 26,000 23.1~25
55~60 24,000 22.9~25
50~55 22,000 22.7~25
45~50 20,000 22.5~25
40~45 18,000 22.2~25
35~40 16,000 21.9~25
30~35 14,000 21.4~25
25~30 12,000 20.8~25
20~25 10,000 20~25
15~20 8,000 18.8~25
10~15 6,000 16.7~25
5~10 4,000 12.5~25

10.注文等(注文方法・期限・制限)

注文方法 内容
ストリーミング
注文
リアルタイムで2ウェイで提示されている為替レートを、任意のタイミング※にて売買する注文方法です。売りの場合は「売」の下にある取引レートを、買いの場合は「買」の下にある取引レートをクリックします。
  • パソコンの場合取引レートをクリックした瞬間です。
ASストリーミング
注文
ストリーミング注文で、新規および決済を指定しない注文方法です。
Auto Select(オートセレクト)の略称であるASとはシステムが自動的に新規・決済の判断を行い、決済の場合には4種類の決済パターンの中からお客様が事前に指定された方式により決済ポジションをシステムが自動的に選択する注文です。(詳しくはこちら
成行注文
(モバイルのみ)
取引レートを指定せず発注する注文です。
ストリーミング注文とは違い、表示される取引レートは参考値になりますので、取引レートの変動により予想外に高い(安い)価格で売買が成立することもあります。
AS成行注文
(モバイルのみ)
成行注文で、新規および決済を指定しない注文方法です。
AS成行注文発注時には、新規・決済の別、決済時の対象ポジションの選択がシステムにて自動で行われるため(Auto Select)、従来の成行注文よりも、入力の手間が省かれ、簡単かつスピーディーな発注が可能となります。
指値注文
(シングルリーブオーダー)
取引レートを指定して発注する注文です。原則として指定する取引レートは注文発注時の取引レートよりも有利となる取引レートで発注していただきます。買い注文時は発注時の取引レートより低く、売り注文時は発注時の取引レートよりも高い取引レートの指定になります。相場急変時には、ご指定いただいた取引レートよりも有利な取引レートで約定することがあります。
逆指値注文
(シングルリーブオーダー)
取引レートを指定して発注する注文です。原則として指定する取引レートは注文発注時の取引レートよりも不利となる取引レートで発注していただきます。買い注文時は発注時の取引レートよりも高く、売り注文時は発注時の取引レートよりも低い取引レートの指定になります。相場急変時には、ご指定いただいた取引レートよりも不利な取引レートで約定する(スリッページ※といいます。))ことがあります。
  • スリッページとは、注文したレートと実際に約定されたレートに差が発生することです。相場が急激に変動したときや週明けなど取引されない時間帯を挟んで取引が非連続的となったときなどに発生しやすくなります。
IF-DONE注文 順番を決めた2つの指値(逆指値)注文を同時に出す注文です。最初は一次注文だけが有効であり、これが約定した場合に二次注文を自動的に発注します。
楽天FXでは一次注文を決済注文にするといった組み合わせや、一次注文と二次注文を異なる通貨ペアの注文にするといった特殊な組み合わせのIF-DONE注文にも対応しています。
O.C.O注文 2つの指値(逆指値)を同時に出し、どちらかが約定したら片方を自動的に取消にする注文方法です。楽天FXでは新規注文と決済注文や、通貨ペアの異なる注文といった特殊な組み合わせのO.C.O注文にも対応しています。
IF-O.C.O注文 IF-DONE注文とO.C.O注文を組み合わせた注文方法です。一次注文の指値(逆指値)が成立すると、二次注文のO.C.Oが有効になります。楽天FXではこのIF-O.C.O注文に対応しています。
全決済注文 保有するすべての未決済ポジションを通貨ペアにかかわらず一度の操作で決済する注文です。一度の操作で決済できますので、相場急変時にも時間をかけずに複数のポジションを決済できます。(注) 全決済注文は取引レートが指定されず発注されますので発注した時の取引レートで約定するとは限りません。

ASストリーミング注文について

ASストリーミングのASとは〔Auto Select〕の略称であり、新規・決済の別と、決済の場合の対象ポジションの選択をシステムが自動的に判断することをいいます。

設定は楽天FX専用ウェブ画面から行えます。
(楽天FX専用ウェブ画面 : お客様情報 ⇒各種設定 ⇒ASストリーミング設定)
なお、マーケットスピードからも、楽天FXの設定画面を開くことが可能です。

【特徴1】 発注時の新規・決済の指定なく、自動的に選択される
【特徴2】 決済の場合の対象ポジションが自動的に選択される
【特徴3】 一回の注文で途転(ドテン)が可能

【途転(ドテン)】
保有しているポジションを決済するのと同時に、それまでのポジションとは反対のポジションを新規で建てることをいいます。
一般的に買いポジションを決済すると同時に、逆に売りのポジションを建てることをドテン売り越し、売りポジションを決済すると同時に、逆に買いのポジションを建てることをドテン買い越しといいます。

決済するポジションの自動選択は、以下の4つのパターンから選択可能です。

決済するポジションの自動選択パターン
LIFO順 Last In First Out (ラストインファーストアウト)
新しいポジションから順番に決済(初期設定)
FIFO順 First In First Out (ファーストインファーストアウト)
古いポジションから順番に決済
P&L損順 取引単位あたりの損失額が大きい(又は利益額が小さい)ものから決済
(スワップは計算に含みません。)
P&L益順 取引単位あたりの利益額が大きい(又は損失額が小さい)ものから決済
(スワップは計算に含みません。)

【ASストリーミング注文の注意事項】

  • ASストリーミングにて注文した時点でそれ以前に入力された全ての通貨ペアの指値・逆指値(複合注文を含む)がキャンセルされます。
  • 両建て(同一通貨で売りと買いの両方のポジションを保有すること。)となる注文はできません
  • ポジションがある場合、そのポジションの反対の売買注文は自動的に決済注文となります

注文の有効期限

ストリーミング注文及び成行注文を除き、お客様が指定できる注文の有効期限は以下の通りです。
発注時に以下の種類の有効期限を指定できます。

期限 内容
DAY お客様の注文を当社が確認した時から、同一日の取引終了時刻まで。
WEEK お客様の注文を当社が確認した時から、同一週の最終取引日における取引終了時刻まで。
GTC お客様の注文を当社が確認した時から、当該注文が約定するか、お客様が当該注文を取消し、その意志表示が当社に受領された時まで。
  • 年末年始・クリスマス時期等はこれと異なる定めを行うことがありますが、その場合には事前に通知します。

発注制限

項目 内容
発注上限 1注文あたりの上限は、300万通貨単位まで
最大ポジション 最大のポジション金額は、30億円相当額まで
(リアルタイムにて円換算された金額)

11.余力(用語解説)

用語 内容
純資産 受入証拠金 +(未決済建玉評価損益+未決済スワップ損益)+ 入出金予定額
建玉必要証拠金 為替証拠金の必要額として当社が定める額の為替証拠金額
注文必要証拠金 建玉必要証拠金と注文中証拠金の合計
取引余力 受入証拠金+(未決済建玉評価損益+未決済スワップ損益)+ 入出金予定額-(建玉必要証拠金額+注文中証拠金額)
証拠金維持率 ポジションの評価にかかる証拠金の維持率
証拠金維持率=(純資産÷建玉必要証拠金)×100 (結果は%で表示)
振替可能額 原則として、振替可能額は、取引余力と同一金額※となります
  • 取引余力が受入証拠金の額を超えている(未決済の含み益がある等)の場合、その金額に応じた新規注文は可能ですが、振替・出金につきましては受入証拠金が限度となります。また米ドル建てのマイナス残高がある場合は、日本円から米ドルへのコンバージョンにて当該マイナス残高を解消していただきませんと振替の手続きができません
  • 追加証拠金(追証)が発生している場合、追加証拠金(追証)を解消いただきませんと振替の手続きができません。
追証関連項目(法人のお客様では、追加証拠金制度は適用されません)
前日最終純資産 前取引日終了時点での純資産評価
必要維持
証拠金額
最低証拠金と同意、前取引日終了時点の為替レートをもとに値洗いされた建玉の必要証拠金額
追証金額 必要維持証拠金額-前日最終純資産(マイナスの場合は0となります)
追証充当済金額 追加証拠金(追証)の解消のために入金された金額と建玉の決済によって充当済みとされた金額の合計
追証未解消額 追加証拠金(追証)の未解消額
追証金額 - 追証充当済金額
基準額関連項目
ロスカット基準額
(ロスカットライン)
純資産額が、建玉必要証拠金の50%となる金額 (証拠金維持率が50%を下回った場合。) (法人のお客様は純資産額が、建玉必要証拠金の80%となる金額。(証拠金維持率が80%を下回った場合。)
(注) 純資産額がこの金額以下となると、全てのポジションが決済されます。なお、純資産を計算するための時価評価は、一定の間隔をもって行われる関係上、リアルタイムで時価評価する場合に比べ、ロスカットが執行されるまでにタイムラグが生じ、お客様の損失が拡大する可能性がありますので、ご注意ください。
プレアラーム
基準額
純資産額が、建玉必要証拠金の120%となる金額
(証拠金維持率が120%以下となった場合。)
アラーム
基準額
純資産額が、建玉必要証拠金の100%となる金額
(証拠金維持率が100%以下となった場合。)

12.振替入出金

項目 内容
振替入金 総合証券取引口座から資金を楽天FX口座へ振り替えた場合、楽天FX専用取引画面には、リアルタイムで取引余力として反映されます。
振替出金 楽天FX口座から資金を総合証券取引口座へ振り替えた場合は、日本株等の取引画面(購買余力)には、リアルタイムで振替額が反映されます。
なお、振替直後は、国内株式等の売買は可能となりますが、信用取引保証金及び先物・オプション取引証拠金としてすぐにご使用になれません。

【振替入出金に関する注意事項】

  • 月曜日の午前2時頃から午前6時頃まで、火曜日から土曜日の午前3時頃から午前6時頃まで及び月曜日から金曜日の午後3時15分頃から午後5時15分頃までの時間帯は、当社のシステムメンテナンス作業等のため、資金の振替は受付けていません。
  • 急なシステムメンテナンスなどにより資金の振替ができない場合があります。
  • 総合証券取引口座から楽天FX証拠金へ振替(振替入金)後、同日中に楽天FX証拠金から総合証券取引口座へ再振替(振替出金)する場合には、制限を受ける場合があります。
  • 追証発生時には、総合取引口座への振替(振替出金)はできません。
    追証解消後に、可能となります。
  • 米ドルの残高にマイナスがある場合には、総合取引口座への振替(振替出金)はできません。コンバージョンを実施してマイナスを解消した後に可能となります。

総合証券取引口座からの出金について

為替証拠金を弊社に登録した金融機関(登録金融機関)の口座にご出金になる場合は、楽天FX口座の為替証拠金を総合証券取引口座に振替えた後、総合証券取引口座にて出金のお手続きが必要です。

項目 出金指示 入金日(最短)
午後3時30分まで 同営業日の夕方のメンテナンス後(概ね17:10以降)に出金指示が可能となります 翌々営業日(最短)
午後3時30分以降 翌営業日の夕方のメンテナンス後(概ね17:10以降)に出金指示が可能となります 3営業日(最短)

13.追証(証拠金不足)

取引日終了時点の為替レートをもとに、お客様の口座の値洗いを行った結果、お客様の純資産が必要維持証拠金(最低証拠金)の額を下回った場合(以下このような状況を「追加証拠金(追証)」といいます。)に、追加で証拠金の差入れが必要となります。お客様は、その下回った部分の金額(以下「追証金額」といいます。)について、原則翌取引日の午後6:00(以下「追証期限」といいます。)までに、当該追証金額又はそれ以上の金額の証拠金を差し入れるか、あるいは、当該入金に代えてお客様のポジションの一部または全部を決済することにより追加証拠金(追証)の解消(ポジション決済)を行わなければなりません。なお、法人のお客様では、追加証拠金制度は適用されません。

項目 内容
追証判定 取引日終了時点の為替レートをもとに評価を実施します。 純資産額が必要維持証拠金額を下回った場合に、追加証拠金(追証)となります。
解消方法 追証金額以上の入金するか、あるいは建玉の全部又は一部を決済し、追加証拠金(追証)を解消する必要があります。
追証期限 原則 翌取引日の午後6:00まで
強制決済 追証期限までに、追証の解消がなされない場合は、お客様の口座における全建玉を当社の任意でお客様の計算により、強制決済することにより処分できるものとします。
通知 追加証拠金(追証)が発生した場合には、取引画面上で、追証証拠金(追証)の発生状況を表示いたします。
ご登録いただいているメールアドレスに、追証が発生した場合、追証が解消された場合、また、追証期限が過ぎてもなお追証が未解消であったことにより強制決済となった場合、それぞれに電子メールを送信し通知いたします。

 

【追証に関する注意事項】

  • 追証が発生した後、相場の変動等により、お客様の純資産が必要維持証拠金の額を上回った場合でも追証の解消とはみなされず、追証金額以上の証拠金を入金するか、お客様のポジションの一部または全部を決済する必要があります。(自然解消は認められません)
  • 追証が発生した場合は、既にお客様が発注なさった未約定の新規注文を当社の任意で取消します。
    (決済注文であってもIF-DONE注文、OCO注文、IF-OCO注文の中に、新規注文を組み合わせている場合は、当該注文についても同様に当社の任意で取消します。)
  • 追証発生時には、総合取引口座への振替(振替出金)はできません。
    追証解消後に、可能となります。
  • FX証拠金の追加入金につきましては、必ずご自身で証券総合口座の預り金から、楽天FX証拠金にお振替えください。 カスタマーサービスセンターでは証拠金振替入出金を承っておりません。
  • 年末年始・クリスマス時期等には、上記と異なる追証期限を定めることがあります。その場合には事前に通知します。
  • 証券総合口座から楽天FX証拠金への振替可能額は、出金余力と同額です。 当社WEBにログイン後、「資産状況」-「余力一覧」-「本日以降の余力」欄 の出金余力、本日以降の最小値となります。他商品の取引による資金をご利用の場合には受渡到来状況により振替できない場合があります。
  • 現物株式日計り取引、信用取引をなされている場合、日計り拘束代金、信用余力の状態により、証券総合口座にある資金を楽天FX口座へ振替 できない場合があります。余裕を持ったお取引を行ってください。
  • 電子メールによる通知は、回線の速度、障害又は通信環境の変化等により、遅延や不着等が発生する場合があります。従って当社はメール通知についていかなる保証をするものではなく、それら遅延や不着等によって被った損害について当社は一切の補償はできかねますのであらかじめご了承ください。

追証のタイムスケジュール

項目 内容
(1)追証判定 【米国夏時間】
   ニューヨーククローズ : 午前5時55分(日本時間)
   追証判定結果通知  : 概ね午前6時30分(日本時間)
【米国冬時間】
   ニューヨーククローズ : 午前6時55分(日本時間)
   追証判定結果通知  : 概ね午前7時30分(日本時間)
(2)追証期限 【米国夏・冬時間】
   18:00(日本時間)
  • 夏、冬の区別はありません。

14.ロスカット

楽天FXでは、純資産の評価を一定間隔で行っております。当該純資産の評価を行った時点で、証拠金維持率が50%(ロスカット基準額)下回った場合に(法人のお客様は証拠金維持率が80%を下回った場合。)、損失の拡大を防ぐために、全ての未決済ポジションが自動的に決済される「ロスカットルール」を採用しております。

【ロスカットの判定】
純資産評価額 ÷ 建玉必要証拠金 ≦ 50%(法人のお客様の場合は80%)

【ロスカットに関する注意事項】

  • ロスカットの判断となる純資産の評価は一定間隔で行っておりますので、リアルタイムで時価評価する場合に比べ、ロスカットが執行されるまでにタイムラグが生じ、取引レートが急激に変動したときなどは、お客様の損失が拡大する可能性があります
  • 値動きが激しい場合や、また週が変わるときなどに、ロスカット水準を大きく割り込み、大きな損失が発生する場合があります。

15.不足金

受入証拠金がマイナスの場合の不足金

激しい相場の急変時においては、ポジションの決済損が差し入れている受入証拠金を上回り、不足金が発生する場合があります。
当社はニューヨーククローズ時点において、不足金の判定を行っております。不足金が発生した場合には、当該時点から起算して受渡日(翌々営業日)の15:00までに楽天 FX口座に当該不足金を振替入金してください。

円および米ドルの片方にマイナス残高が発生した場合

楽天 FXでは、円残高の他に、ストレート通貨ペア( EUR/USD GBP/USD AUD/USD)の取引で発生する米ドルの残高があります。たとえ、受入証拠金がプラスでも米ドル、円いずれかの残高でマイナスが発生する場合があります。

毎週第1営業日のニューヨーククローズ時点の純資産評価において、米ドルのマイナス残高を生じ、当該米ドルのマイナス残高を円換算した額(絶対値(プラスの値)として計算)に対する純資産額の割合が50%以下となる場合に、当社は翌営業日以降の任意の時点で、その時点のコンバージョンレートにて当該マイナス残高を解消するに足りる額の日本円の為替証拠金を米ドルに両替し、当該マイナス残高を解消する場合があります。
なお、当該マイナス残高が、先のニューヨーククローズ時点から変動した場合は、変動したマイナス残高を最大値として、米ドルへの両替を行います。
また、逆に毎週第1営業日のニューヨーククローズ時点の純資産評価において、日本円のマイナス残高が生じ、当該マイナス残高(絶対値(プラスの値)として計算)に対する純資産の割合が50%以下となる場合に、当社は翌営業日以降の任意の時点で、その時点のコンバージョンレートにて当該マイナス残高を解消するに足りる額の米ドルの為替証拠金を日本円に両替し、当該マイナス残高を解消する場合があります。
当該割合以下となる前に、お客様ご自身で、コンバージョンを行ってください。

【米ドルのマイナス残高の判定】
純資産評価額 ÷ 米ドルマイナス残高を評価した額(プラス値) ≦ 50%

【円のマイナス残高の判定】
純資産評価額 ÷ 円マイナス残高を評価した額(プラス値) ≦ 50%

16.コンバージョン

スポットのリアルタイム為替レートから±20pipsされたコンバージョン独自のレート(「コンバージョンレート」といいます。)にて、米ドルを日本円に、日本円を米ドルに両替する取引です。
コンバージョンはEUR/USD、GBP/USD、AUD/USDの取引で発生する米ドルの損益を、円転(米ドルを日本円に両替)又は、ドル転(日本円を米ドルに両替)するための取引です。
コンバージョンの取引時間は、取引日午前8:00~翌午前3:00です。

17.アセットコントロール

楽天FXでは、前述のロスカットルールのほか、お客様ご自身にて自動決済の水準(ストップロス基準額)を設定していただくことも可能です。
アセットコントロールは、ロスカットルールと同様、純資産の評価を一定間隔で行っております。純資産額がお客様ご自身にて任意に設定されたストップロス基準額以下となった場合に、自動的にお客様の未決済ポジションすべてを成行注文にて決済します。

【アセットコントロールに関する注意事項】

  • アセットコントロールの判断となる純資産の評価は一定間隔で行っておりますので、リアルタイムで時価評価する場合に比べ、決済が執行されるまでにタイムラグが生じ、取引レートが急激に変動したときなどは、お客様の損失が拡大する可能性があります
  • 値動きが激しい場合や、また週が変わるときなどに、ストップロス基準額の水準を大きく割り込み、大きな損失が発生する場合があります。
  • 楽天FX口座から総合証券取引口座へ振替の手続き(振替入金)をおこなうと、設定されていたストップロス基準額は自動的に解除されます。
  • お客様自身で設定されたストップロス基準額が、当社が定めるロスカット基準額以下の場合、当社が定めるロスカット基準額が優先されます。

18.メール通知

楽天FXでは、証拠金維持率が120%又は100%以下となると、それぞれプレアラーム通知、アラーム通知と称して、登録のメールアドレスに通知メールを送信しています。また、ロスカットの発生時にもメールを送信しています。

【メール通知に関する注意事項】

  • プレアラーム通知、アラーム通知はそれぞれ1日1回のみの送信となります。
  • 新規にポジションを建てた時点で証拠金維持率が120%、100%を下回っている場合は、プレアラーム通知、アラーム通知は送信されません。
  • アラーム通知送信の判断となる純資産の評価は一定間隔で行っておりますので、リアルタイムで時価評価する場合に比べ、プレアラーム通知、アラーム通知が送信されるまでにタイムラグが生じ、取引レートが急激に変動したときなどは、プレアラーム通知、アラーム通知の送信が遅れる場合があります。また、プレアラーム通知、アラーム通知が送信されるまえに、ロスカット基準額に到達しロスカットされる場合もあります。
  • プレアラーム通知、アラーム通知は、電子メールを利用しますので、回線の通信速度、障害又は通信環境の変化等により、遅延や不着等が発生する場合があります。

19.動作環境

楽天 FXでは推奨環境下でのご利用をお勧めします。
推奨環境以外でも楽天 FXのお取引を行うことができる可能性もありますが、動作については保証しておりません。
また、環境を満たしていない場合は、システムが正常に稼動しない可能性がありますのでご注意ください。

Javaのインストール

楽天 FXでお取引いただくために、JAVA(SUN)を事前にインストールしていただく必要があります。
楽天 FXでは、レート表示及びチャートおいてJAVAを使用しており、ご利用のパソコンにJAVAが正常にインストールされていない場合、システムが正常に稼働しない、またはお取引いただけない場合がございます。

20.約款規定・説明書

約款・規定等 PDF
楽天 FX(外国為替証拠金取引)に関する説明書 閲覧 PDF
楽天 FX(外国為替証拠金)取引規定 閲覧 PDF

AdobeR ReaderRのダウンロード PDFファイルをご覧になるには「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は以下のリンクからダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロード

 

FX取引の規制が変わります