現在地
ホーム > マーケット情報 > フィスコ為替ニュース

フィスコ為替ニュース

ドル・円は弱含み、米金利低下で114円割れ/ドル・円東京市場概況

2021/10/19

[ドル・円東京市場概況]
*17:02JST ドル・円は弱含み、米金利低下で114円割れ
 19日の東京外為市場でドル・円は弱含み。日経平均株価の堅調地合いを受けた円売り
で、114円35銭まで一時上昇。ただ、米10年債利回りの低下を受け、ドルは下落基調
に。その後はアジア株高で円売りに支えられたが、午後は一段安となり113円95銭まで
値を下げた。

・ユーロ・円は132円63銭から133円03銭まで上昇した。
・ユーロ・ドルは1.1609ドルから1.1658ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円113円90-00銭、ユーロ・円132円80-90銭
・日経平均株価:始値29,117.28円、高値29,272.49円、安値29,075.37円、終値29,215.
52円(前日比190.06円高)

【要人発言】
・ビルロワドガロー仏中銀総裁
「来年利上げする理由はない」
「インフレは来年末まで2%を下回る見通し」
・豪準備銀行10月理事会議事要旨
「CPIが持続的に2-3%で推移するまで利上げせず」
「中心シナリオでは10-12月期に成長、来年後半にはコロナ前の水準に回復」

【経済指標】
・特になし
《TY》





【株式会社フィスコ】

※上記のニュースは、フィスコ社により提供されております。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についても楽天証券およびフィスコ社は一切の責任を負いません。上記のニュースに表示されている事項は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でなさるようお願いいたします。